私はピアノ講師、今日も休みなし

真央生観戦まだ間に合う!「公式転売市場」でチケット狙え(スポーツ報知)

 12日開幕(日本時間13日)のバンクーバー五輪で、浅田真央らが出場し、注目のフィギュアスケート女子フリーは25日(同26日)に行われる。旅行会社による80万円超の観戦ツアー募集は締め切り、正規販売の入場チケットも完売状態。それでもナマ真央ちゃんを見たいという方のため、今からでも間に合う“一番安い個人観戦ツアー”の方法を探った。同種目で約74万円までに高騰している、チケット転売相場事情と併せてどうぞ!

 海外五輪の現地観戦で、入場券入手を含め、簡単なのは国内旅行会社のツアー。たとえばJTBの企画では、フィギュア女子のショート&フリーのコースで4泊6日82万8000円から。だが、人気コースゆえ、昨年11月17日の発売日に完売。他会社ツアーも同様の状況だ。

 どうしても見たい場合、個人手配しかないが、難関は入場券。組織委が正規販売したぶんは、160万枚がほぼ完売。当然、フィギュアは残っていない。では、どうすればいい?

 実は今回、五輪史上初の入場券の公式転売市場が設けられた。組織委サイトの「ファン・トゥ・ファン」コーナー。カナダ向けに発売された入場券の購入者が、世界中の希望者と交渉し、転売できるシステム。アカウントを取りサインインすると、種目、出品者がつけた値段が表示される。

 券種問わずフィギュア女子フリーで一番安いのは―。転売市場では、Cカテゴリー席の1100カナダ(加)ドルだ。1加ドル=83・5円で、9万1850円。C席の定価は150加ドル(1万2525円)だから、約7・3倍。売買が成立すれば、組織委に手数料1割を払うため、計10万1035円になる。入場券受け取りは現地の売り場。組織委が認める転売市場は唯一で“裏技”に頼らない入手法はこれしかない。英語力に自信  があれば、使えるシステムだ。

 あとは飛行機と宿泊。エア・カナダの成田発直行往復便は、14日前までの早期割引で6万8400円(税など別)から。安く済ませるため、25日に出発すれば、現地時間同日午前中に到着で、入場券をピックアップし、夕方の演技開始に、何とか間に合いそうだ。ただ、この割引設定は現地で最低3泊の必要があるのが痛い。さらに、現段階で往復とも満席で、交渉が必要になる。宿泊費も期間中、超高騰で、大手海外宿泊情報サイトでも、近郊でシングル3泊1000加ドル(8万3500円)強がやっとだ。

 結局、税、交通費、滞在費など別で、ざっと25万円というところか。安く買うには、英語力、交渉力と努力も必要。出来合いツアーより安いが、給料1か月分が吹っ飛ぶこの値段、真央ちゃんとナマで感動を分け合うには、安い? 高い?

 【関連記事】
真央「金」でも五輪の経済効果は期待薄?…関大・宮本教授が算出
堀北真希、真央&美帆の活躍に期待
真央圧倒的人気!…応援したい選手
浅田が4部門トップ

連続不審死 「セレブ生活」貯金ゼロ…木嶋容疑者(毎日新聞)
<節分>風呂敷や袋で福豆キャッチ 名古屋・大須観音(毎日新聞)
皇居ランナー、マナー守って…5か所に立て看板(読売新聞)
プロ野球選手の個人情報紛失=関テレ社員、USB持ち出し−大阪(時事通信)
格調高く詩的な「アリサ」達 10年ぶり東京で「彫刻・朝倉響子展」(産経新聞)
[PR]
# by yv0rsronbe | 2010-02-10 11:33

<糖尿病移植治療>拒絶反応を抑制…マウスで成功(毎日新聞)

 膵臓(すいぞう)の膵島(すいとう)細胞を移植した後に起きる拒絶反応を抑えることに、福岡大と理化学研究所の共同チームがマウス実験で成功した。膵島細胞に多く含まれるたんぱく質「HMGB1」が移植先の免疫を活性化させてしまうことが拒絶反応の主な原因で、HMGB1の抗体を投与すればこれを抑えられることを突き止めた。

 膵島細胞は血糖値を下げるインスリンを分泌する働きがあり、膵島細胞の移植は、重度の糖尿病治療で有効。しかし、24時間以内に移植細胞の約6割が拒絶反応で破壊されるため、拒絶反応抑制が課題になっている。研究結果は、1日付の米医学誌「ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション」電子版に掲載された。

 福岡大医学部の安波洋一教授らは、膵島細胞の移植後、HMGB1が大量に放出される現象に着目。HMGB1の血中濃度が上がると、免疫作用を持つインターフェロン・ガンマも増加する一方、HMGB1抗体を投与すれば、破壊される細胞は約15%にとどまることが分かった。移植効率は約4倍に改善したという。【阿部周一】

【関連ニュース】
糖尿病:中年の3人に1人誤解「肥満でないからならない」
糖尿病患者:生活習慣改善で脳卒中が減少 厚労省調査
糖尿病講座:(20)運動療法の進め方
糖尿病講座:(21)経口血糖降下薬治療
糖尿病

小沢幹事長の続投批判=自民(時事通信)
<火災>住宅全焼4人死傷 兵庫・姫路(毎日新聞)
ドナーカードの様式で議論―臓器移植・普及啓発作業班(医療介護CBニュース)
厚生年金の脱退手当金、19万人支給漏れ(読売新聞)
【中医協】「後発医薬品調剤体制加算」めぐる議論が決着(医療介護CBニュース)
[PR]
# by yv0rsronbe | 2010-02-09 16:47

レセプトオンライン化訴訟、終息へ―神奈川原告団(医療介護CBニュース)

 レセプト(診療報酬明細書)のオンライン請求義務化撤回を求め横浜地裁に提訴している神奈川県保険医協会の会員開業医を中心とした原告団は1月30日、都内で報告集会を開き、入澤彰仁幹事長(神奈川県保険医協会副理事長)が、2月下旬の口頭弁論を最後に裁判を終息する方針を明らかにした。

 弁護団事務局長の小賀坂徹弁護士は集会で、オンライン請求義務化の憲法上の問題として、手書きで請求している医療機関が廃業に追い込まれることによる「営業の自由の侵害」、患者の個人情報の保護のために適切な請求方法を医療機関が選べなくなることによる「自己決定権の侵害」、国会で審議せず厚生労働省令で義務化を定めたことによる「法律による行政の原理違反」の3点を指摘した。

 このうち、「営業の自由の侵害」については、昨年11月26日に施行した改正厚労省令で、手書きで請求している医療機関の電子レセプトへの移行が努力義務にとどまっており、小賀坂氏は「一番大きな弊害は完全に回避できた」との認識を示した。
 また、「自己決定権の侵害」について、「一定の要件はあるが、(請求方法の)選択の余地は残された」ため、「オンライン一本化に比べ、情報漏えいの危険は飛躍的に狭まった」と評価した。ただ、集積した電子データの管理は「(オンライン請求)義務化とは独立した問題で、これからの課題だ」と指摘した。
 一方、「法律による行政の原理違反」については、新たな省令によって撤回されたため、「依然として課題が残っている」との認識を示した。

 入澤幹事長は、「われわれは実利を取った」と述べ、次回の口頭弁論を最後に、裁判を終息する方針を示した。最後の口頭弁論では、集めた個人情報の目的外使用など残された問題の解消を強く訴える方針だ。

 神奈川県保険医協会の開業医を中心とした原告団は昨年1月、レセプトのオンライン請求義務化の撤回を求め、横浜地裁に提訴した。その後、厚労省は11月施行の改正省令で、▽オンライン請求と電子媒体による請求の両方が、原則の請求方法▽手書きによる紙レセプトで請求している医療機関による電子レセプトへの移行は努力義務―などとし、義務化を事実上撤回した。


【関連記事】
義務化を事実上撤回―2009年重大ニュース(7)「レセプトオンライン請求」
レセプトオンライン化訴訟、取り下げも―神奈川原告団
電子媒体での請求も「原則」の請求方法に―厚労省令改正
オンライン請求の義務化撤回求め初の提訴へ
60歳以上開業医の約3割が「辞める」−オンライン請求義務化

来年度の障害者向け補装具の価格改定案―厚労省(医療介護CBニュース)
漂着ポリ容器 ハングル4割(産経新聞)
銃撃漁船を規則違反で調査=情報空白、区域外操業の疑い−海保(時事通信)
死刑制度容認85・6% 「廃止」大幅に上回る 内閣府調査(産経新聞)
<異物混入>おでんパックにカッターの刃 埼玉のスーパーで(毎日新聞)
[PR]
# by yv0rsronbe | 2010-02-08 23:11

学テ、市町村名伏せ公開=京都府教委(時事通信)

 京都府教育委員会は5日、2008年度に実施された全国学力テストの市町村別結果について、自治体名を伏せて公開すると決めた。府情報公開審査会は、自治体名を含め原則開示すべきだと答申していたが、府教委は「(自治体名を公開した場合)市町村教委との信頼関係を損ない、授業がテスト対策に偏る恐れがある」と判断した。 

【関連ニュース】
教員が生徒の誤答を指摘=中1の学力テストで
学力テスト、3割抽出に=実施要領を通知
高校無償化に3933億円=10年度予算案〔教育〕
体力も地域差固定=秋田、福井が上位-2年目の全国テスト・文科省
4割抽出は堅持=全国学力テスト

告訴状に虚偽の日付記入、警部補書類送検…千葉(読売新聞)
故・藤沢名誉棋聖の孫・里菜さん、史上最年少11歳でプロ棋士に(産経新聞)
民主・石川衆院議員保釈、保証金1200万円(読売新聞)
雑記帳 「塩竈の藻塩」の携帯ストラップ(毎日新聞)
【人・街・声】新宿の訪問歯科医 人のつながりが蘇らせた笑顔(産経新聞)
[PR]
# by yv0rsronbe | 2010-02-08 02:22

ハイチPKOが出発へ=陸自部隊、8日に現地入り(時事通信)

 ハイチでの国連平和維持活動(PKO)に参加する陸上自衛隊の国際救援隊1次要員が6日、現地に向け出発する。第1陣は早ければ8日(現地7日)に現地入りし、ブルドーザーなどの重機が到着次第、来週後半にもがれきの除去や整地作業を開始。鳩山由紀夫首相は「阪神・淡路大震災や中越沖地震などの災害で培った経験をいかんなく発揮してほしい」と送り出した。
 1次要員は中央即応連隊(宇都宮市)を中心に約200人で編成。首都ポルトープランスに宿営地を設営し、避難民の仮設住宅設置のための整地などを行う。 

【関連ニュース】
【特集】ハイチ大地震取材体験記〜被災地の1週間〜
【特集】写真で振り返る阪神大震災
〔写真特集〕ハイチ大地震
ハイチへPKO派遣決定=陸自第1陣、6日に出発
「自立への支援必要」=ハイチ救援NPO帰国

<女児連れ去り>中3逮捕 未成年者略取容疑 名古屋(毎日新聞)
<鳩山首相>「心からおわび」小沢氏問題で初陳謝(毎日新聞)
<公明党>太田氏の公認取り消し 参院選比例(毎日新聞)
裁判員に被告の「温かい」家族写真、結果実刑(読売新聞)
ソフトバンク、米動画サービスに資本参加(産経新聞)
[PR]
# by yv0rsronbe | 2010-02-07 05:05



ピアノ講師の仕事、一生懸命がんばります。
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧